6次産業化を進めたい!

茨城6次産業化サポートセンター

農林漁業の6次産業化を支援します

茨城県農林振興公社は、「茨城6次産業化サポートセンター」として農林漁業を営む皆さまの6次産業化を支援します。

6次産業化とは

農林水産物の生産(1次産業)、加工(2次産業)、販売・流通(3次産業)を一体化して付加価値を付けることにより経営の発展を目指すものです。

6次産業

6次産業化の取り組み例

  • 農産物を活用した加工品の製造・販売
  • 新しい販売方式の導入
  • 地元農産物の直売・マーケティング など

茨城6次産業化サポートセンターの役割

  1. 相談窓口を設置し、6次産業化に取り組む皆様の相談内容に応じて、サポートセンターが認定する「茨城6次産業化プランナー」を派遣します。
    派遣費用はサポートセンターが負担します。

  2. 6次産業化を推進する法律「六次産業化・地産地消法」に基づく「総合化事業計画(※)」の作成をサポートし、総合化事業計画が認定された後のフォローアップを行います。

相談窓口

相談をご希望の方

相談窓口へお電話いただくか,相談カードをご記入のうえ,E-mailまたはFAXで相談窓口へ送信してください。

関係機関の方

各機関で農林漁業者等から6次産業化についての相談を受けた場合,相談カードをご記入のうえ,E-mailまたはFAXで相談窓口へ送信いただければ,窓口と同様に相談を受付けます。